自営業住宅ローン頭金なしで借りられる?

自営業は住宅ローンが組みにくいといわれます。
これは、収入が不安定なことや、事業の資金を借り入れしているケースが多いことが原因です。
ですから、住宅ローンを申し込んだときに、頭金なしよりは、頭金に充当出来る貯蓄があると信用度がアップします。
2014年の改正以前は、不動産価格の90%までしか住宅ローンを借り入れることが出来なかったのが、100%までOKになりました。
けれども、自営業者の収入への信用が無ければそういった組み方は出来ませんし、審査にも通りません。
自営業で住宅ローンを利用したいと思ったら、審査に対して信用をアップする為の対策を講じておいた方が良いですね。
たとえば、3年連続黒字経営で、税金や年金の滞納もないといったことです。